読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

えんぴつ画サバイバル

えんぴつと紙を持ってヨーロッパに行き、まるでえんぴつ界のわらしべ長者のように生きていくという、神戸大学1回生によるチャレンジの軌跡を記しています。

準備。サバイバル34日目

バイバル34日目終了!!あと残すところ3日のみとなりました。

33日目の夜から夜行バスでパリからロンドンに向かう。乗るその日に予約したのに、価格は€25(約2800円)とか。

イギリス・フランス間を渡るときは、荷物チェックと入国審査がある。全員バスから降りて、それらをクリアしなければいけない。

荷物チェックは、大量のえんぴつを何に使うのかと聞かれるものの、余裕でクリア。

そのあと入国審査がある。まず最初は、イギリスに何日滞在するかとか、大学での専攻は何かとか、いつ卒業するかとか、まぁ聞かれがちのことを聞かれる。そして、今までフランスでどれくらいの期間、何をしていたかを聞かれたので、1ヶ月間、ヨーロッパを周って観光していた、って答える。

1ヶ月の滞在費はどうやって用意したのかって聞かれたから、親に出してもらったとでも、アルバイトして稼いだとでも言えば良かったけど、別に嘘をつくこともなかったので、稼ぎながら周っていたって言った。ここからが長かった!

された質問の中は、いくらくらい稼いだんだ?どういうルートで周ったんだ?どこが一番稼げた?絵は売ったのか?なんでえんぴつ画を始めて、どれくらいやってるんだ?なんで専攻がコンピュータなんだ?俺もお願いしたら描いてくれるのか?どうやったら絵は上手くなるんだ?...みたいな質問。笑

ほとんど関係ない質問ばっかりやんけ!!!

最後は、写真あるだろ写真、それを見せろって。笑

撮ってきた写真を見せながら、イタリアからイギリスまでの旅の解説をする。笑

特にイギリスでのヒッチハイクは犯罪らしいので、ヒッチハイクの写真は見せませんでしたけど。笑

まぁもちろん入国は大丈夫でした。



ロンドン、帰ってきた。サバイバルの一番最初の出来事を思い出しながら、歩く。

City of Londonの方まで歩いて周り、おみやげを探す。ナショナルギャラリーがロンドンの中心地だと勝手に思ってましたが、そうでも無かったみたい(笑)。ま、僕にとってはナショナルギャラリーがホームであることに変わりはない。

今回のサバイバルは、やっぱりナショナルギャラリーで終えるつもり。ここで何人の人と話したかは数え切れない。ホームレスやアーティストとも何度も話した。そして、初めて稼いだ場所でもある。

ロンドン中心地で、おみやげ購入をできるだけ終わらせる。残りのサバイバルに集中する準備。

あと3日。

写真が一枚も無い記事になった。笑